06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

日本の下水道技術をマレーシアに

2013-05-31
☆ペナン島の安宿情報

下水道

東京都下水道局が、スランゴール州での下水道事業の受注に向けて、
同局管理団体の東京都下水道サービス(TGS)と住友商事、
マレーシア現地企業の3者が合弁会社を設立すると発表したそうです。

2011年3月にマレーシア政府に下水道整備のマスタープランを、
2012年6月にはマスタープランの実効性を検証するための
下水道整備プロジェクトを提案。
今後、政府と交渉を進め、正式な事業受注を目指すとのこと。

計画では、スランゴール州ランガット地区で下水処理施設、
下水道網などの設計から建設、維持・管理まで。

世界的にも高い水準にある上下水道インフラ技術の輸出、
原発の輸出なんかより良いのではないだろうか。

今後は上水道分野でも、事業受注に向けて
現地法人を設立する計画だそうです。

将来、マレーシアで水道水が飲めるくらいになることに期待。

スポンサーリンク

マレーシアその他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。