09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

KLのゲストハウス、マタハリ ロッジ トゥー (Matahari Lodge Two)に泊まった感想と詳細

2012-07-01
☆マレーシア100リンギット以下のホテル

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

正面から見た建物外観。
1階は向かって左にDVD屋、その右が床屋、右端に
ゲストハウスへの階段がありました。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

ちょっとわかり難いかもしれません。
道路向かい、正面にはCIMBの両替オフィスがあります。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

夜間などに使う入口の暗証入力キー。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

入口を入り、1.5階くらい階段を上がると、エレベーターがあります。
朝食は屋上なのですが、屋上まで行かず、何とも中途半端なエレベーターです。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

この奥にレセプションがあるらしい。
何だか、香港のチョンキンマンションを思い出してしまいます。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

レセプション

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

チェックイン1時、チェックアウト12時。
朝食が8時~12時。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

レセプション横のスペース。
PCも2台置いてありました。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

オーディオスペースもありました。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

エアコンシングルルーム。
ベッドと小さなカラーボックスが置いてありました。

ドアを開けると、いきなりベッドにガツっとぶつかりました。
誰しもそうなてしまうようで、ベッドの角に跡がありました。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

部屋にエアコンがないので、間違いじゃないのかと思ったのですが、
換気扇を回してみて、理解しました。

廊下は妙にエアコンで涼しくなってるのですが、
その冷気を換気扇で部屋に取り込み、それでエアコンルームということに。

新しい…。
そして、冷え過ぎず、丁度良い感じ。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

洗面台とトイレ。
このトイレはマレーシアっぽいですが、様式もありました。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

ホットシャワーはなかなかの温度と水量でした。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

ホテル前から見たセントラルマーケット方面。
ここをまっすぐ進むと、LRTのパサセニ駅があります。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

ホテル前から見たLRTマスジットジャメック方面。
ゲストハウスはパサセニ駅とマスジットジャメック駅の
中間辺りでそれぞれ駅まで500mくらいの距離。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

4階くらいの高さから見たホテルの前

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

ホテルの裏にはバンコク銀行がありました。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

屋上で朝食が食べられるようになってます。
パンとインスタントコーヒーのみですがセルフサービスで無料。

この屋上からムルデカスクエアやKLタワー、
メイバンク本店(多分)とツインタワーが少し見えます。

KLのゲストハウス、マタハリロjッジ2

パンとコーヒー。

部屋は狭かったのですが、周囲の音はあまり気になりませんでした。
一番の騒音は例の換気扇でした。止めるとかなり静かになりました。

中華街が近いので食事には困りませんでした。
中華街を中心とした観光にも良いかもしれません。

LRTの駅も近いので、便利です。
セントラルマーケットの前の通りにはバスが集まるようですが、
これを乗りこなすのは、旅行者にはちと厳しそうです。

パサセニ駅前にマタハリロッジ1がありました。
周囲には似たような安宿がいくつもあるようです。

宿泊予約サイトで見かけた泊まった人のレビューでは

・高速なインターネット
・値段の割に立地がよい
・狭いが安い
・とにかく安い

と、バックパッカーには問題なく、一般の旅行者でも
旅慣れてる人なら問題ないようなコメントを多くみかけました。
実際、その通りだと思いました。

マタハリ ロッジ トゥーの料金を
>>アゴダでみる
>>HotelTravel.comでみる

スポンサーリンク

おススメのホテル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。