08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

実写版・深夜特急で泊まったアーベンゲストハウスを探して

2015-02-20
☆マレーシア100リンギット以下のホテルと宿泊レビュー

実写版・深夜特急で泊まったアーベンゲストハウスを探して

そのゲストハウスがもう無くなっているのは
なんとなくわかっていました。

せめて、大沢たかおが泊まったという看板や
ブランコだけでもないかと小さな希望を持って探してきました。

一緒に行ったのは、かつて近くに泊まったことがあり、
看板も見たことがあるという友人。

最初は宿の名前もはっきりしなかったのですが、
ローンパインホテルの前のビーチでビーチボーイに聞くと、
歩いて20分くらいのところにあるという。
はっきりと「アーベンゲストハウス」と言ってました。

実写版・深夜特急で泊まったアーベンゲストハウスを探して

てこてこと歩いて10分にも満たない距離に
安いゲストハウスがあるエリアに到着。

実写版・深夜特急で泊まったアーベンゲストハウスを探して

どこもかしこもそれに近いような雰囲気。

実写版・深夜特急で泊まったアーベンゲストハウスを探して

西洋人とか結構泊まってるようだし、
一度、泊まってみても良いかと思ったりも。

うろ覚えの友人が「この辺だった気がするんだけど~」と、
その辺のおっさんに尋ねてました。
すると、「もうない、クローズした」と。

実写版・深夜特急で泊まったアーベンゲストハウスを探して

かつて、そのゲストハウスが存在したらしい場所。
コンドミニアムか何かを建設している様子。

ブランコも看板も見ることはできませんでした。
仕方ない、かなり昔のことだし。

いつか、この辺に泊まってみよう。

>>関連記事 ペナンの不思議に陽気な娼婦の館に泊まった紀行小説・深夜特急2(マレー半島・シンガポール)

スポンサーリンク

ペナン島観光 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。