10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

ペナンの美容室で髪を切りました

2011-12-27
キャメロン紅茶 ゴールドブレンド 6箱セット(海外土産・マレーシア土産

プランギンモールに入ってる美容室

ペナンに行くと、いつも髪を切ってもらいます。

日本には敵いませんが、タイ辺りよりは上手というか
センスが日本に近いような気がします。

かつて、隣に座ったモスリムの女性が頭を覆っているブルカを
取り、長く美しい髪に驚いたこともあります。

プランギンモールのエレベーターの扉に美容室の広告があり、
洗髪とカットで5リンギット(130円くらい)なので、
ほんの少し切ってもらいました。

お店の前に行くと、スタッフらしき人がプロがいいですか?と聞いてきました。
スチューデントでいいですと言うと、中に案内され、
生徒らしき人たちがズラッと並んでブローとかの練習をしていました。

この5リンギットはヘアカットモデルというか、生徒の実験台のようです。
イスに座ると、生徒全員の注目を受けました。

過去にも何度か、このシステムで切ったことがあり、
プロというか先生みたいな人が見てくれたり調整してくれました。

男の生徒さんがやってきて、
まず、洗髪から始まり、かなり強く洗わるので
少しソフトに…とお願い。

洗い流し、鏡の前に戻ると、先生が現れ、注文を聞き、
生徒への指導をし、少し実演をし、その後、生徒が切り始めます。

どうみても生徒さんはぎこちない手つきです。
最後の最後まで笑顔を見せず、緊張していたようです。

先生の指導と生徒のカットの繰り返しが続きます。

自分で伸びてきた前髪を普通のハサミで切ったりすることもありますが、
ここの生徒さんのハサミの切れ味はプロ並みでした。
当然のことですが。

生徒さんたちを眺めてて思ったのは、
皆さん、茶髪か金髪で韓国のスターのようでした。

取り返しがつく程度、ほんの少し切ってもらうだけなら
実験台カットでも良いかもしれません。

先生はともかく、一度カットしてくれた生徒さんに
再度切ってもらったことはかつて無かったので、
今回の彼もそのうちカット中も笑顔を見せられるくらいになって
ここから巣立って行くことでしょう。
がんばれ~!

スポンサーリンク

ペナン島 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。